コスパ

更年期の女性に齎すローヤルゼリー

女性の体は男性に比べてホルモンバランスが崩れやすくなっています。
女性のホルモンは卵巣から排卵が行われ、排卵の時期によって女性ホルモンの分泌量が異なります。

その排卵は成長期や妊娠や出産などによって大きく変化していきます。
女性ホルモンの分泌が体に最も影響を与えるのが、閉経の時期になります。
閉経の時期になると、排卵が行われなくなり、女性ホルモンの分泌量が一気に低下してしまいます。
そのため更年期障害として多くの体の変化を実感します。

更年期障害とは、ホルモンバランス崩れることで、体調の変化や精神的な変化がおきてしまいます。
例えば、動悸、息切れ、発汗、吐き気、うつ病、自律神経失調症など人によって症状も異なります。
そんな症状を緩和してくれる成分の一つに、ローヤルゼリーがあげられます。

ローヤルゼリーには女性にとってうれしい成分がたくさん含まれています。
特にローヤルゼリーでしか摂取できないデセン酸が大きな役割をします。
デセン酸は体内に入ると、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをしてくれます。
更年期で減少してしまった女性ホルモンを補うことで、体のバランスを保つことができます。

また更年期障害で多い症状の一つに、自律神経失調症があげられます。
ローヤルゼリーの中には、アセチルコリンという成分は自律神経を整える働きがあります。